豪雨被災地をドローンで調査

広島、住民避難へ活用狙う

©一般社団法人共同通信社

土砂崩れ現場を調査するため飛行する小型無人機ドローン=16日、広島市安芸区矢野東

 西日本豪雨で被害を受けた広島市安芸区で16日、小型無人機ドローンを使い、住宅がある斜面上部の土砂崩れ現場の調査が行われた。斜面は雨により再び崩れる危険性があり、今後の避難に役立ててもらうのが狙い。撮影した映像を基に防災の専門家による住民への説明会も開かれた。

 調査が行われたのは豪雨で6人が犠牲になった安芸区矢野東7丁目。斜面には今も複数の場所で崩れた山肌が現れている。

 調査はドローン操縦者の養成企業などでつくるドローンシティ協会などが実施。2機のドローンが崩れた斜面に沿って飛ぶと、画面には3メートルを超える岩が複数転がっている様子が映し出された。