「ジャニーズなのにブサイク過ぎる!」と名指しされた3人

村上信五  

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

突如、年内での芸能活動引退を発表した『タッキー&翼』の滝沢秀明。今後はプロデュース業など裏方に回るというが、ファンからは惜しむ声が続出。

《タッキーほどのイケメンが裏方に回るなんて…》
《せっかくのお顔がもったいない》
《表舞台に出てなんぼの人でしょう》

などといった反響が起こっている。

滝沢はイケメン集団であるジャニーズの中でも、頭一つ抜けているイケメンだとファンの間でも有名。しかし一方で、ジャニーズの中には「なんでこの人がジャニーズなの?」「全然カッコよくないんですが…」と疑問を持たれる人も実は結構いる。

まずは『関ジャニ∞』の村上信五。彼は番組で共演しているマツコ・デラックスから“ブサイクいじり”をされることが定番で、「庶民ウケを狙ってブサイクに整形した?」とツッコまれたことさえある。

番組スタッフが村上をイジることも多く、街中の若い女性に「関ジャニ∞の中で誰が一番好き?」というアンケートを実施。すると村上が圧倒的最下位となり、人気のなさが露呈してしまった。数少ない村上ファンはSNSなどで「ヒナちゃん(村上信五)の魅力は顔じゃないから!」「ヒナは内面が素敵だもん」と“フォロー”したのだが…。

 

ジャニーさんでも見抜けなかったブサイク化

続いては『Hey!Say!JUMP』の薮宏太。何と『Yahoo!JAPAN』で「薮宏太」と検索すると、関連ワードに「ブサイク」と出てしまうほど、視聴者からそのルックスに疑問を持たれている。

先輩である錦戸亮主演ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)に出演し、錦戸をイジメる社員役を演じた際には、錦戸ファンからブーイングが続出したことも。このとき、「錦戸くんをイジメるこのブサイク許せない!」「このブサイクにムカつき過ぎて調べたら、まさかのジャニーズの後輩で笑った」といった声が上がっていた。

ちなみに、薮を擁護すると、少年期は天使のようにかわいかったらしい。子供の成長後の姿を見抜きまくるジャニー喜多川社長でも、薮の成長後は見抜けなかったのだろうか。

最後は、『A.B.C-Z』の塚田僚一。遅咲き苦労人のグループ『A.B.C-Z』の中で、現在大活躍を見せている彼だが、『Yahoo!JAPAN』で「塚田僚一」と検索すると、薮同様に「ブサイク」という関連ワードが。

しかし塚田はジャニーズらしからぬノリの良さがウリで、バラエティー番組に出演したときなどは、一定の評価を得ている。だがジャニーズだと思われることも少なく、「お笑い芸人だと思ってた…」「完全に芸人顔じゃん。こんなのがジャニーズかよ」「この子だけは、“ジャニーズにしてはブサイク”のレベルじゃない」といった辛辣な声が上がってしまう。

超絶イケメンのタッキーを裏方に回してしまうジャニーズ。顔面偏差値が下がらないか心配だ。

 

Follow

まいじつ

on

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社