極早生温州ミカンの出荷始まる 宇城地域

選果される極早生ミカン「肥のあかり」=宇城市

 県内有数の柑橘[かんきつ]産地である宇城地域で、極早生[わせ]温州ミカン「肥のあかり」の出荷が16日、始まった。9月下旬までに関東や東北を中心に650トンの出荷を目指している。

 肥のあかりは県統一ブランド。JA熊本うきによると、今年は雨が少なかったため、例年に比べ糖度が高いという。気温が高い状態が続いたが、大きな被害はなかった。

 宇城市三角町の同JA柑橘選果場では、運び込まれた果実を大きさや糖度で選果。大型トラックに積み込まれ次々に出荷されていった。

 宇城地域では肥のあかりを皮切りに、早生、デコポンと来年6月まで柑橘の出荷が続く。16日は、出発式があり、生産者や運送業者らが出荷開始を祝った。(内田秀夫)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから