海中に頭部と胸部も、同一人物か 15日に人の下半身発見、兵庫・赤穂港

兵庫県警赤穂署=赤穂市加里屋中州1

 15日に海上で人の下半身が見つかった兵庫県赤穂市加里屋の赤穂港で16日、新たに人の頭部と上半身の一部がそれぞれ見つかった。腐敗が進み、性別や年齢は不明。赤穂署は身元の確認を急ぐとともに、事件や事故、自殺の可能性を視野に調べている。

 同署によると、15日午後4時10分ごろ、釣りをしていた男性(70)が、海上に浮かんだ下半身を発見。16日午後2時20分ごろには、捜索中の県警機動隊員が海中で頭部と胸部を見つけた。ジャンパーのような物を着けていたという。

 同署は、いずれも近い範囲で見つかったことから、同一人物の遺体の可能性が高いとみている。

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい