西が初V、自転車BMXパーク

中村は3位

男子エリート予選の中村輪夢=岡山市

 2020年東京五輪で初採用される自転車BMXフリースタイル・パークの全日本選手権が16日、岡山市役所本庁舎特設会場で行われ、男子エリートクラスは昨年の第1回大会は準優勝だった31歳の西昂世(JFBF)が決勝で96点をマークして初優勝した。連覇を狙った16歳の中村輪夢(ウイングアーク1st)は91.5点で3位だった。

 3人がエントリーした女子エリートクラスは5月のワールドカップ(W杯)を制した大池水杜(JFBF)が決勝で87点を記録して2連覇した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る