20号の大谷翔平、ハム栗山監督は辛口祝福「まだ20本かい、何やってんだ」

第1打席で今季20号を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

高校時代からの非凡さの一端も明かす…

 15日(日本時間16日)の本拠地マリナーズ戦で20号本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。松井秀喜氏に続く日本人史上2人目の20本に到達した二刀流右腕を、古巣の日本ハム・栗山英樹監督が愛情たっぷりの辛口コメントで祝福した。16日、本拠地でのオリックス戦前に「みんなはすごいと言うけれど、まだ20本かい、何やってんだ、という感じ」と笑顔で語った。

 花巻東高時代から大谷の打撃に惚れ込んでいた。「高校のときから見ていて、そこ(打撃)は絶対間違いないと思っていから」と言う栗山監督。大谷が日本ハム在籍時代にも何度も「打つ方は心配していない」と絶対的な信頼を寄せていた。「自分のタイミングで思い切り行けるというのは、一つの形を持っているということ」と高校時代から感じていた大谷の非凡さの一端について明かしていた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

©株式会社Creative2