中学新人野球、柳井が3年連続V

 柳井西ロータリークラブ旗争奪柳井近郊中学校新人野球大会(同クラブ主催、中国新聞防長本社共催)の最終日は16日、山口県柳井市のビジコム柳井スタジアムで準決勝と決勝があった。決勝は柳井(柳井市)が島田(山口県光市)を4―0で下し、3年連続9回目の優勝を果たした。

 両チームとも準決勝を2桁の大量得点で勝ち上がったが、柳井の2年振本隼汰投手(14)が効果的なスライダーで好投した。四回には2年高村怜選手(13)が「頑張る振本を助けたい」と、適時打を放って先制。後続もつながり、一気に4点を挙げ島田を突き放した。

 閉会式で、同クラブの沼田和久会長たちが両校にメダルなどを贈り、健闘をたたえた。

Follow

中国新聞

on

©株式会社中国新聞社

カープや高校野球の情報が満載

カープやサンフレッチェ、高校野球などの情報をいち早くお届けする中国新聞社のモバイルサイトです。スマホでもガラケーでもOK!

詳しくはこちら