イブラヒモヴィッチ立腹!「やつは俺のルールに従うべき」

MLSのLAギャラクシーでプレーするズラタン・イブラヒモヴィッチ。このほど行われたトロントFC戦では仰天のスーパーゴールを決め、キャリア通算500得点を記録した。

ただ、ギャラクシーは3点差を追いつくも、結局は5-3で敗戦。終盤にはイブラと相手MFマイケル・ブラッドリーが言い合いになるシーンもあった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

MLS公式HPによれば、ブラッドリーについてこう述べたという。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(LAギャラクシーFW)

「彼は自分のことをフットボールの哲学者だと思ってる。

俺は彼がプレーした試合数以上のゴールを決めてるんだ。

彼は俺のルールに従うべきだね」

自分のほうが格上と言わんばかりだったようだ…。

一方のブラッドリーは「そんなにズラタンに興味あるの?自分はズラタンのことは気にしてない。気にしていたのは勝点3だけだ」と口にしていたとか。

©株式会社コリー