平林金属クと環太平洋大初戦突破

 ソフトボールの全日本総合選手権は16日、男子は京都府福知山市、女子は茨城県常陸太田市で1回戦が行われ、岡山勢は男子で3連覇を目指す平林金属ク、環太平洋大が初戦を突破した。女子の平林金属と環太平洋大は1回戦で敗れた。

 大会は男女ともに各32チームがトーナメントで争う。(記録は岡山関係分) 【男子】1回戦 平林金属ク4—1関大、環太平洋大2—1豊田自動織機(愛知) 【女子】1回戦 ビックカメラ高崎(群馬)9—0平林金属、日本精工(滋賀)3—1環太平洋大

Follow

山陽新聞デジタル

on

©株式会社山陽新聞社