世界新体操、団体日本フープ「銀」

2大会連続の表彰台

©一般社団法人共同通信社

団体種目別決勝 日本のフープの演技=ソフィア(共同)

 【ソフィア共同】新体操の世界選手権最終日は16日、ソフィアで団体種目別決勝が行われ、日本(杉本、松原、熨斗谷、横田、鈴木)はフープで22.800点をマークして銀メダルを獲得した。昨年の「銅」を上回る2大会連続の表彰台。ブルガリアが23.300点で優勝した。

 前回銀メダルのボール・ロープは21.350点で4位。イタリアが22.550点で制した。

 日本はいずれの種目も予選を5位通過。15日の団体総合は5位だった。

 来年の次回大会は個人総合と団体総合の2020年東京五輪予選を兼ねてバクーで開催される。