男2人が路上強盗、抵抗され何も取らず逃走 自転車男性を呼び止め、顔殴り液体吹きかける/越谷

©株式会社埼玉新聞社

 16日午前0時10分ごろ、越谷市弥十郎の路上で、自転車で通行していた同市の無職男性(31)が、男2人に顔を殴られるなどの暴行を受け、リュックサックを奪われそうになった。

 越谷署によると、男たちに呼び止められた男性が自転車を止めて振り返ると、リュックサックを引っ張られ路上に転倒。男たちは男性の顔を殴り、霧状の液体を吹きかけてリュックサックを奪おうとしたが、抵抗されると何も取らずに逃走した。

 男たちは身長約170センチで、黒い長袖シャツに軍手姿だった。同署は強盗傷害事件として調べている。

越谷署=埼玉県越谷市東越谷