セーリングW杯、吉田・吉岡組は2位 最終レース中止

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会最終日は16日、十分な風が吹かなかったために神奈川県江の島ヨットハーバー沖で予定されていた男女470級の最終レースが中止となり、女子の吉田愛、吉岡美帆=立命大出=組(ベネッセ)は前日の第8レースまでの成績で準優勝が決まった。

 男子は第8レースを終えて首位に立っていた岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組が優勝。日本セーリング連盟によると、W杯での日本男子の優勝は初めて。高山大智、今村公彦組(ヤマハ・セーリングチーム)が3位となった。

©株式会社京都新聞社