車いす男性、はねられ死亡

神戸、踏切横断中か

©一般社団法人共同通信社

 16日午後7時15分ごろ、神戸市灘区中原通1丁目の阪急神戸線王子公園―六甲間の踏切で、同区天城通、無職向井弘一さん(73)が神戸三宮発西宮北口行き普通電車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。向井さんは電動車いすで横断していたとみられ、灘署が詳しい状況を調べる。

 灘署などによると、目撃した人は「遮断機が下りた踏切内で車いすの前に立っている男性がいて、頑張って動こうとしている様子だった」と説明。現場には電動車いすがあり、運転士も踏切に入る前に「車いすらしき物影を発見した」と話している。非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。