田んぼに「ヴィヴィくん」出現

 長崎県大村市宮小路3丁目の県立大村城南高竹松農場の田んぼに、サッカーJ1、V・ファーレン長崎のマスコット「ヴィヴィくん」の姿が浮かび上がった。
 同校生徒が制作した「田んぼアート」で、今年で10回目。栽培環境部と福祉部の生徒らが6月、ヴィヴィくんの姿になるように古代米と普通米の苗を植えていた。
 現地には見物用のやぐらを設置。30日までの土日祝日の午前10時~午後3時に一般開放する。同校3年の中島歩美さんは「植えた時は不安だったが、これまでの作品の中でも完成度が高い」と出来栄えに満足そう。

田んぼに「ヴィヴィくん」出現

©株式会社長崎新聞社

平成の長崎

「平成」ってどんな時代だった? 長崎の平成30年間を写真で振り返る長崎新聞特別企画サイトです

『平成の長崎』ページへ