サッリはどこまで行く?「初指揮からのプレミア連勝記録」を持つ監督TOP5

『Sportskeeda』は15日、「プレミアリーグでの初めての就任から連勝記録を作った監督TOP5」という記事を掲載した。

新しいチームを率いるというのは監督にとって簡単ではなく、それが慣れ親しんだリーグでないときはなおさらだ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

その中でいきなり連勝スタートを決めた見事な監督とは?

ジョゼ・モウリーニョ(4連勝)

2004年7月~:チェルシー

ポルトでチャンピオンズリーグを制覇する偉業を成し遂げたモウリーニョ。「スペシャル・ワン」という名言を発した彼は、いきなりプレミアリーグで4試合連続勝利を挙げた。

そのシーズンでチェルシーはプレミアリーグ優勝を果たしており、モウリーニョは名実ともに世界最高クラスの指揮官として評価されることになった。

マウリツィオ・サッリ(5連勝)

2018年7月~:チェルシー

今週末のカーディフ・シティとの対戦を勝利で終えたことで、白星が5試合連続となった。

ナポリを率いた元銀行マンの指揮官は、プレミアリーグの監督として最高のスタートを切った。来週のウェストハム戦で勝利を上げることが出来れば、その記録を6に伸ばす。

クレイグ・シェイクスピア(5連勝)

2017年2月~:レスター・シティ

レスターにプレミアリーグ優勝というビッグタイトルをもたらしたクラウディオ・ラニエリが解任され、その後任としてコーチから昇格したシェイクスピア。

苦しんでいたチームを引き継ぐと、「原点回帰」ともいえる采配で刺激を与える。最初の5試合をすべて勝利で終えており、レスターの危機を救った。この記録はイングランド人監督としては最高のものだ。

カルロ・アンチェロッティ(6連勝)

2009年7月~:チェルシー

現在世界最高クラスの監督として評価される人物のひとり、カルロ・アンチェロッティ。チェルシーに就任した際、彼はプレミアリーグ最高記録を達成した。

開幕戦でハル・シティに勝利すると、その後9月26日のウィガン戦で敗れるまですべてを白星で終えていた。

ジョゼップ・グアルディオラ(6連勝)

2016年7月~:マンチェスター・シティ

シティ・グループがかなり大きな額の給与を支払って迎え入れたグアルディオラ。立ち上がりはその期待に応えるだけのもので、いきなり6連勝を達成した。

カルロ・アンチェロッティと並び、さらにどこまで記録を伸ばすかと思われたものの、第7節でトッテナムに2-0と敗戦。7連勝がどれだけ高い壁であるのかを感じさせた。

©株式会社コリー