現代劇「蘭陵王」、カイロ国際実験演劇祭で上演

©新華社

現代劇「蘭陵王」、カイロ国際実験演劇祭で上演

 【新華社カイロ9月16日】中国の芸術団体、中国国家話劇院は14日夜、第25回カイロ国際実験演劇祭のメインイベントとして、エジプト首都カイロのバルーン劇場で「蘭陵王」を上演した。

 1400年以上前の中国・北斉時代の名将、蘭陵王のドラマチックな物語を見事なセリフの朗読と美しい舞踊で再現した舞台に、多くの観客が感銘を受けた。上演後はスタンディングオベーションが沸き起こり、拍手と歓声が鳴り止まなかった。

 同劇団の派遣団団長、佘南南(しゃよ・なんなん)氏は、エジプトの観客が歴史ドラマを通じて中国の伝統文化を理解し、人間性について考えるきっかけとなってほしいと語った。

 中国国家話劇院俳優 蘭陵王役・張皓越(ちょう・こうえつ)氏

 芸術は現在、世界的大融合の時代を迎えています。文化や芸術、美的感覚といった中国のさまざまな要素を可能な限り世界の人々に届け、中国を理解してもらいたい。

 観客 マリアム・アハメドさん

 中国の文化が大好きで、いつもインターネットで中国の現代劇を見ています。芸術は他国の文化を学ぶ最も良い方法ですから、今後も中国の多くの文化団体にエジプトで公演してもらいたいです。(記者/湯潔峯、于濤、李碧念)