港で遺体の一部見つかる 年齢性別不明 腐敗進む

兵庫・赤穂市の港で、15日から16日にかけて、相次いで人の遺体の一部が見つかった。
警察が、事件と事故の両面で調べている。

15日夕方、兵庫・赤穂市の赤穂港で、男性から、「海に人のようなものが浮いている」と、警察に通報があった。

警察によると、遺体は腰から下の下半身だけで、衣服は身に着けていたが、所持品はなかったという。

また、16日の午後には、海底から白骨化した頭部と上半身も見つかった。

遺体は、腐敗が進んでいて、年齢も性別もわからないという。

警察は、事件と事故の両面で捜査している。

(関西テレビ)

©株式会社フジテレビジョン

Curated by

コネクト

コネクト