クリンチャーは最下位6着

フランス競馬のフォワ賞

フランス競馬のフォワ賞で最下位6着のクリンチャー(中央)=ロンシャン競馬場(共同)

 フランス競馬の世界最高峰レース、凱旋門賞(10月7日)の前哨戦の一つ、フォワ賞(2400メートル芝、G2)は16日、フランスのパリロンシャン競馬場で6頭が出走して行われ、凱旋門賞に参戦予定で武豊騎乗のクリンチャー(4歳牡馬、宮本博厩舎)は6着だった。

 4歳以上の馬によって争われるフォワ賞は、凱旋門賞と同じコース、距離で実施。今年の天皇賞・春3着のクリンチャーは好スタートから逃げたが、最後の直線で失速した。ヴァルトガイスト(フランス)が優勝した。

 またパン賞には、同じく武豊騎乗のジェニアル(4歳牡馬、松永幹夫厩舎)が出走し、11頭立ての10着だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る