プロ野球選手が教える俺達のココを見ろ! 【~オリックス(ファーム)編~】

©株式会社Creative2

1軍で本塁打を放ち、今後の活躍が期待されるオリックス・西村凌【写真:荒川祐史】

多くの若手が1軍の舞台を経験 新陳代謝進む

 8月の戦いを終えたプロ野球はリーグ優勝から順位争い、個人タイトルレースまでも佳境を迎えた。注目が集まるのは1軍で活躍する選手のプレーだが、ファームで牙を研ぐ選手に目を向けても、その個性は実に魅力に溢れている。

 ここ数年、オリックスは主力選手の故障に悩まされ、高いポテンシャルを発揮し切れないシーズンが続く。だが、その分、多くの若手が2軍を経て1軍の舞台を経験し、巧みなドラフト戦略も相まって新陳代謝は確実に進む。ファームを預かって3年目の田口壮監督は、基本的に「実戦をやってみてどうか」と「それに対して起きたことの検証」のサイクルを繰り返す。

 それでも、「今日、何かを掴むかもしれないし、1軍に突然呼ばれて活躍する可能性もある」「2軍で駄目だから1軍でも駄目だと言えば、一概にそうとも言えない」と、選手の「成長」が生き物であることを示唆する言葉には力を込める。舞洲で汗を流し、遠くない将来に球団悲願のリーグ優勝を目指す戦いへ加わるであろう若手に、それぞれのアピールポイントと注目しているチームメイトを語ってもらった。

背番号「48」 齋藤綱記投手
〇年齢:21歳(4年目)
〇投打:左投左打
〇2018年ファーム成績:40試合(救援40) 2勝1敗0セーブ 33.2投球回 与四球率3.48 奪三振率8.82 防御率1.34
〇アピールポイント「スライダーです。細かいことはあまり考えずに、一番自信がある球なので。空振りがとれて、自分のウイニングショットになるボールを目指しています」
〇チームメイト「佐野皓大。(魅力は)足。速すぎる(笑)」

背番号「63」 山崎颯一郎投手
〇年齢:20歳(2年目)
〇投打:右投右打
〇2018年ファーム成績:19試合(先発18/救援1) 4勝7敗0セーブ 94.1投球回(リーグ1位) 四球率5.34(リーグ1位) 奪三振率4.87(リーグ2位) 防御率4.77(リーグ2位)
〇アピールポイント「身長ですね。190センチなので高さがあって、努力ではできないものだと思いますので。親からもらった大きい体を使って投げるストレートを見てほしいです。課題は変化球の精度ですかね。もう少しで掴めそうなところまできているとは思いますが」
〇チームメイト「榊原(翼)ですね。力強い、いいストレートを持っていると思います」

背番号「65」 青山大紀投手
〇年齢:23歳(3年目)
〇投打:右投左打
〇2018年ファーム成績:25試合(先発2/救援23) 2勝1敗3セーブ 30.2投球回 与四球率3.82 奪三振率9.39 防御率3.52
〇アピールポイント「自分の中では変化球が得意だと思っていますが、バッターを抑えるイメージを広げるということもあり、今は真っすぐを速くしようと取り組んでいます。球速もだいぶ上がってきていますので、ストレート、変化球、全体的に見てほしいですね」
〇チームメイト「齋藤は今年からサイドに変えて、1年も経ってないのに形になっている。それで、あれだけ抑えて1軍にも呼んでもらって。めっちゃ努力家なんで、努力してきた結果が今出てると思います。張(奕)もピッチャーになったばかりなんですけど、あの真っすぐは持って生まれたものだと思うので魅力があります。山崎颯一郎は恵まれた体ですごいボールを投げるので、まだ高卒2年目ですし山本由伸みたいになれると思います」

背番号「66」 吉田凌投手
〇年齢:21歳(3年目)
〇投打:右投右打
〇2018年ファーム成績: 10試合(先発4/救援6) 3勝2敗0セーブ 32.1投球回 与四球率2.78 奪三振率5.85 防御率4.18
〇アピールポイント「どちらかというと変化球の方に自信があるので、できればそこを見ていただきたいと思います。特にスライダーは高校のときから自信がある球種のひとつなので、カウントがとれたり、勝負球にできる感覚があるボールで、自信を持って投げてます。曲がり幅や球速をできるだけ変えるようにはしていますね」
〇チームメイト「やっぱり(佐藤)世那じゃないですか。投げ方をサイドスローに変えて、がんばっていると思います。(活躍すれば)僕もうれしい気持ちはありますし、いい刺激にもなるのでがんばってほしいと思います」

背番号「68」 鈴木優投手
〇年齢:21歳(4年目)
〇投打:右投右打
〇2018年ファーム成績:31試合(先発1/救援30) 0勝0敗1セーブ 31.2投球回 与四球率4.11 奪三振率8.53 防御率1.99
〇アピールポイント「真っすぐの勢いで押していくピッチングですね。今は平均球速も上がっていると思いますので、(平均球速)150キロを目標にして、それを超えられるようしたいです。バッターの反応も大事にしていますが、甘いゾーンに投げても、空振りとまではいかなくても、ファールでカウントを稼げる真っすぐ。狙われてもファールにしかならない真っすぐが投げたいですね。あとは、フォークも自分の武器なので、三振を多くとるピッチングです」
〇チームメイト「齋藤です。同い年ですし、1軍に上がらないといけない年齢にもなってきたんで、そこに懸ける思いや1試合に対する集中力も変わってきていると思います」

背番号「122」 張奕投手
〇年齢:24歳(2年目)
〇投打:右投右打
〇2018年ファーム成績:4試合(救援4) 0勝0敗0セーブ 4投球回 与四球率2.25 奪三振率9.00 防御率2.25
〇アピールポイント「外野手のときから、肩に自信がありましたし、やっぱり真っすぐですね。(求めるのは)真っすぐのキレもそうなんですが、150(キロ)も出したいです。そこから制球をレベルアップしていきたいと思っています」

1年目、2年目のイキのいい若手が揃う野手陣

背番号「25」 西村凌捕手
〇年齢:22歳(1年目)
〇投打:右投右打
〇2018年ファーム成績:61試合(捕手23/外野手26) 打率.310 2本塁打 22打点 4盗塁 長打率.467 出塁率.356
〇アピールポイント「全体的にまだまだ課題だらけなんですけど、これからの伸び代です。走ること、捕ること、打つこと、投げることはまだまだ伸ばせると思っているので。そういうところの成長を見てほしいと思います。(打撃について)クルッと回れたときはいい結果が出たときです。あれが出るときは状態がいいときですね。(1軍でのプロ初ホームランは)振ったというよりは回ったという感じです」
〇チームメイト「K-鈴木さん。野球は当然なんですけど、人柄も明るいし、人を惹きつけるような魅力がある人です。あの人を嫌いな人がいないんじゃないかと思うぐらい後輩も慕っているし、大好きです」

背番号「52」 岡崎大輔内野手
〇年齢:19歳(2年目)
〇投打:右投左打
〇2018年ファーム成績:78試合(一塁手2/二塁手11/三塁手22/遊撃手50) 打率.233 1本塁打 16打点 0盗塁 長打率.286 出塁率.265
〇アピールポイント「ホームランを打つ選手ではないので、後ろにつないでチャンスメイクをして、チャンスを広げるバッティングを見てほしいです。三振をしなかったり、最低限のチームバッティングであったりも。守備の面では、内野ならどこでも守れるのが売りです。背番号が同じ52番で、右投げ左打ちも同じ川崎宗則さん(元福岡ソフトバンク)が好きだったので、打って守れて走れてのプレースタイルや、周りの雰囲気も明るくできて、そういったところを尊敬していますし、目指すところでもありますね」
〇チームメイト「榊原ですね。同級生で真っすぐに力がありますし、育成から支配下になったばかりですけど。必ず上で活躍できると思います」

背番号「64」 廣澤伸哉内野手
〇年齢:19歳(1年目)
〇投打:右投右打
〇2018年ファーム成績:54試合(二塁手16/三塁手2/遊撃手33) 打率.176 0本塁打 7打点 0盗塁 長打率.200 出塁率.243
〇アピールポイント「走攻守が売りなので、全部を見てもらえればいいかなと思いますね。最近はバッティングの調子が上がってきたので、注目していただけたら」
〇チームメイト「フェリペです。バッティングに関して、すごいなと思う部分が多いですね。タイミングの取り方もそうですし、バッティングフォームが綺麗です」

背番号「00」 西浦颯大外野手
〇年齢:19歳(1年目)
〇投打:右投左打
〇2018年ファーム成績:43試合(外野手37) 打率.202 1本塁打 13打点 4盗塁 長打率.294 出塁率.287
〇アピールポイント「脚力を生かした守備と走塁を見てもらいたいです」
〇チームメイト「稲富宏樹です。肩が強くて、捕ってから送球までが速いので盗塁を刺すことが多い」

背番号「59」 根本薫外野手
〇年齢:20歳(2年目)
〇投打:左投左打
〇2018年ファーム成績:74試合(外野手67) 打率.169 2本塁打 11打点 2盗塁 長打率.205 出塁率.198
〇アピールポイント「全部です。身体能力の高さと、それを生かした守備と走塁とバッティング。(特に)守備は最近、自身がついてきました。打球までの追い方と送球を見てほしいです」
〇チームメイト「山崎颯一郎です。角度もありますし、ボールがすごいです。特にカーブと真っすぐ。(練習で対戦すると)なかなか打てないと思います」(「パ・リーグ インサイト」藤原彬)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)