リカルド「市街地レースはポールシッターしか楽しめない」:F1シンガポールGP日曜

©株式会社サンズ

 2018年F1シンガポールGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは6位だった。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=6位
 最終的に予想どおりのレースになった。究極の戦略が違いを生み出してくれればと願っていたんだけどね。ハイパーソフトで長いスティントをとるという、他とは違うプランを試し、ペースもよかった。でも市街地サーキットは自分がポールシッターでない限り、最高の気分ではレースできない。オーバーテイクできないばかりか、前のマシンにぴったりついていくことすら難しいんだ。

 ここでは予選がとても重要だから、今日思うような結果が出なかった原因は昨日の予選にあるといえるだろう。キミ(・ライコネン)に追いつくことができても、数周、ぴったり後ろに接近して走った後、結局引くしかなくなるんだ。彼のすぐ後ろまで差を詰められるだけの速さはあったが、アクションを起こせるほどは近づけなかった。キミがミスをしてくれるとか、彼とバルテリ(・ボッタス)が絡んでくれれば、それがチャンスになっただろうけどね。最終ラップ、ターン13で接近したが、やはり十分ではなかった。

 市街地サーキットを走るのは大好きだけど、レースをしていてフラストレーションがたまることもある。モナコGPで7位だった時のルイス(・ハミルトン)が、前のマシンに近づけないと文句を言っていたけど、今の僕はそれに共感する。皆、同じだよ。もっといい結果を目指して戦いたかったけど、無理だった。昨夜、何時間かかけて対策を考えたのにね。ロシアですべてが報われるといいな。

 これからもさらに上の結果を目指して戦い続ける。そうすれば予想外のサーキットで勝つようなこともあるかもしれない。さて、これからアイスバスに飛び込んで、クールダウンしようかな。