世界遺産へ大山古墳を視察、大阪

ユネスコ諮問機関

大山古墳前で地元ボランティアから話を聞くイコモスの調査員(左から2人目)ら=17日午後、堺市

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は17日、日本が来年の世界文化遺産登録を目指している大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」のうち、日本最大の前方後円墳である大山古墳(堺市)を視察し、現地調査を実施した。

 調査はフィリピン人の専門家が担当。古墳群の構成資産が世界遺産にふさわしいかどうかを確認するため、11日から1週間かけて構成資産である古墳49基の保全状態や周辺の環境などを綿密にチェックしてきた。

 最終日の17日午後は、大山古墳を視察した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る