もがき、苦しむロッテ加藤 手本にする福浦へ抱く思い「1番尊敬しています」

©株式会社Creative2

ロッテ・加藤翔平【写真:荒川祐史】

昨季キャリアハイの成績を残すも、今季は開幕から不振…

「全く仕事ができていない。納得のいく結果を残せていない。全然ダメなシーズンですね」。

 ロッテの加藤翔平外野手は自身の現状をこう語る。昨季、自己最高の5本塁打、27打点、7盗塁、打率.266の成績を残したことで、オフに背番号が「65」から「10」に変更。井口資仁新監督のもと、大きな期待をかけられて迎えたプロ6年目だったが、ここまで結果を残せず、苦しいシーズンを送っている。

 今季も開幕前は打撃好調だった。オープン戦ではベテランとの兼ね合いで一時期ファーム調整を余儀なくされたものの、打率.474(19-9)と打ちまくり「那覇の練習試合から、良い部分が出ている」と手応えを口にしていた。その一方で、「悪くなったときに早く修正するのが課題」と、状態を落としたときの対処法も冷静に模索していた。

 加藤は開幕スタメンに名を連ね、3月30日、早速、今季初安打を放った。翌31日も安打を放ち、まずまずのスタートを切った。しかし、その後が続かなかった。4月7日には登録抹消。悔しさを晴らすように、ファームで打率.344(58-20)と好成績を残し、5月8日に再昇格を果たした。

 再昇格直後の12日の西武戦で4安打を放ったが、継続的なアピールをすることができず、6月25日には再びファームへ。そこでは、やはり打率.429(28-12)と格の違いを見せつけ、7月8日には再び1軍の舞台に戻ってきた。そこから37試合に出場しているが、そのうちスタメンでの出場は11試合のみ。代走や守備固めでの試合出場がほとんどだ。

「自分の中で迷ってしまった部分があるので、去年やってきたこと、毎日続けてきたこと、色んな引き出しを開けても全部空っぽだったというか、何をやってもマッチしてくるものが全然なかった。例えば、それがマッチしたとしても、短期間で終わるという繰り返しだった。まだ残り試合はありますが、ここまではひどいもんだなという感じです」。

2000安打に迫る福浦は「小学校3年生の時に絵日記に書いた覚えが」

 悔しい日々を過ごす加藤だが、武器のひとつである足で懸命にアピールしている。7月24日のソフトバンク戦では、7対7の延長11回1死1,3塁の場面で、一塁走者・鈴木大地の代走で出場し、初球で二盗。平沢大河が右前適時打を放つと、前進守備にもかかわらず、三塁走者に続いて一気にヘッドスライディングでホームインした。

 8月3日の東北楽天戦では、1対1の延長10回1死1塁、岡大海が放ったゴロを遊撃の茂木が弾き打球が転がる間に、三塁を陥れた。「茂木が弾いた時点で外野が深かったので、あれは誰でもいける」と謙遜していたが、結果的にはその足がチャンスを広げ、田村の犠飛で決勝のホームを踏んだ。

 盗塁もここまで7度試みて、全て成功している。ただ「盗塁は失敗0ですけど、7個しかない中での0。もっと個数を伸ばして、『走れるんだぞ!』というのを自分の中で作っていかないといけないと思う」と、自身の中では納得がいっていないようだ。

 レギュラー獲得へ向けて日々奮闘を続ける加藤は、通算2000安打が目前に迫るベテラン福浦和也から多くのことを学んでいるという。「毎日あの年齢で早く来て、夜遅くまで練習する。本当に妥協がない人。試合に出ていないときでも、色んな準備をしっかりされている方。僕の中では一番尊敬しています」と、選手として、人として、15歳年上の先輩の背中がいいお手本となっている。

 また「個人的なことですけど、プロ野球の試合を観に行った小学3年生のときに福浦さんがホームランを打って、それを絵日記に書いた覚えがあります」と、微笑ましいエピソードを教えてくれた。

 福浦の活躍を絵日記に書いた少年が大人になり、プロ野球の世界に飛び込んで6年が経つ。悩ましい毎日が続くが「現状は守備、走塁でもっと信頼を勝ち取れるようにならないといけない。ただまだレギュラーで出ることは諦めていない」と力を込める27歳。守備・代走で結果を残し、もう一度信頼を積み上げていく。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)