東京円、111円台後半

©一般社団法人共同通信社

 連休明け18日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前週末比06銭円高ドル安の1ドル=111円76~77銭。ユーロは58銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円46~48銭。

 トランプ米政権が中国からの輸入品に追加関税を課す第3弾の制裁を24日に発動すると発表したことを受け、投資家が警戒感を強め、比較的安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 市場では「米中貿易戦争の影響を注視している」(外為ブローカー)との声が聞かれた。