反プーチン氏バンドに毒か

ドイツで治療中

18日、ベルリンで記者会見するナディア・トロコンニコワさん(左)ら(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンの病院の医師らは18日、ロシアのプーチン大統領批判で知られるパンクバンド「プッシー・ライオット」の男性メンバー、ピョートル・ベルジロフさんに毒物が使用された疑いがあると明らかにした。

 関係者によると、ベルジロフさんは11日にモスクワの裁判所で何かを食べた後、視力が落ち、会話や動きが急激に減退したという。15日にベルリンに搬送された。容体は回復に向かっているという。

 ベルジロフさんのパートナーで同じくメンバーのナディア・トロコンニコワさんも「毒を盛られた」「殺人未遂だ」と訴えている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る