学生の頃から全然変わらない「いつまでも若々しい女子」3つの秘密

もっと肩の力を抜いてみませんか。

卒業後、同窓会で久しぶりに会う同級生。体型や外見が変わり、疲れた雰囲気で「オバチャン化」した子がいる一方で、いつまで経っても学生の時から全然変わらない子もいますよね。

その子たちが若々しい秘密とは? fumumu記者が詳しく聞いてみました。

(1)好きなことを仕事にしている

「私は物心ついた時からお洒落が大好きで、卒業後はアパレル会社に就職しました。配属先は、憧れだったマーチャンダイジング。

仕事は大変なことも多いけれど、洋服の企画が携われるのは何よりの喜びです。天職に就けたことに、心から感謝しています」(20代・女性)

生活するために、何かしらの仕事をする必要があるでしょう。しかし、どの仕事を選ぶかは、働く本人の自由です。ストレスを抱えながら仕事をするよりも、断然楽しそうですね。

(2)我慢や無理をし続けない

「『石の上にも三年』と言われますが、3年間って結構長いですよね。三年間頑張ってみてやっぱりダメだったとか、洒落にならないと思います。私は、努力はしても、我慢や無理をし続けることはありません。

イヤイヤしていれば生産性も下がるし…思い切って自分に合った人生を歩んだ方がいい。楽しんで取り組める分、充実した日々を送れると思います」(20代・女性)

無理矢理何かを成そうと思えば、しわ寄せを避けることはできないでしょう。自分で選ぶからこそ責任感が生まれ、頑張れるのかもしれませんね。

(3)人生を楽しんでいる

「英語をもっと話せるようになりたかったので、卒業後、ワーキングホリデーを使ってオーストラリアに行きました。

就職しなかったことで親には心配を掛けてしまいましたが…『あなたの人生だから楽しんで』と、最後は背中を押してくれた母に感謝しています」(20代・女性)

周囲と違った道を選択するのは、覚悟が必要でしょう。しかし、せっかくこの世に生を受けたのですから、人生は楽しんだもん勝ちなのかもしれませんね。

年をとる以上、外見を全く変えずに維持し続けるのは物理的に無理でしょう。しかし、気持ちが年を取らなければ、雰囲気も若々しく見えるようです。

今後の参考に、覚えておきたいですね。

Follow

fumumu

on

©株式会社NEWSY