交番で巡査長刺殺、仙台

別の警官発砲し男死亡、大学生か

巡査長の男性が刃物で刺され、搬送先で死亡する事件が発生した東仙台交番前に集まる警察官=19日午前7時30分、仙台市宮城野区

 19日午前4時すぎ、仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で、勤務していた清野裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺され、搬送先の病院で死亡した。交番にいた男性巡査部長(47)が拳銃を3発発砲し、男も死亡した。

 宮城県警は殺人容疑で男を捜査。仙台市内の大学生の可能性があり、身元確認を急ぐとともに状況を詳しく調べている。男は包丁とみられる刃物1本とモデルガンのようなものを所持していた。マシンガンの形状で、県警が鑑定する。清野巡査長の拳銃は奪われていなかった。

 県警によると、男は「現金を拾った」と交番に来た。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る