スカイマーク就航20周年で式典

「大手2社追い越す」

就航20周年の記念式典であいさつするスカイマークの佐山展生会長=19日午前、羽田空港

 スカイマークは19日、新規参入による運航開始から20周年の記念式典を、1998年の初便が飛んだ路線にちなんで羽田空港と福岡空港で開いた。羽田空港での式典で佐山展生会長は、民事再生を経て2017年度の定時運航率で日本一となったことをアピール。「足場は固まった。次の20年で、他の面でも(全日空と日航の)大手2社を追い越したい」と述べた。

 19日午前の福岡発羽田行きの便は、ボーイング737の機体に天の川を飛ぶ白鳥を描いた「星空ジェット」の特別塗装機。羽田発福岡行きの便の乗客にも、飛行機をかたどったキーホルダーなどを配布した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る