奴ら○○のプロだ!アンチェロッティ、引き分けでちょっと嫌味を言う

©株式会社コリー

18日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第1節で、セルビア王者のツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター・ベオグラード)とのアウェイゲームに臨んだナポリ。

多くのチャンスは作ったものの勝ち越すことは出来ず、1-1の引き分けという結果を受け入れなければならなくなった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

動画を見たい場合はここをタップ!

『FourFourTwo』によれば試合後のアンチェロッティ監督は以下のように話し、ツルヴェナ・ズヴェズダの時間稼ぎを非難したとのこと。

カルロ・アンチェロッティ 「最後の15分間が違ったものになることは避けられなかった。

彼ら(ツルヴェナ・ズヴェズダ)は、時間を浪費することと、ダイビングすることのプロフェッショナルだった。

タイトにプレーして、そして常にファウルを受けようと機会を探っていた。

まあ、それは問題ではないよ。もっと早くに得点を奪うべきであった。

近いところまでは行ったが、最終的な爆発力が足りなかった。我々はパスやシュートで僅かなミスをしてしまった。そして少し不運だったね。

重要な試合で勝つことは出来なかったが、それほどマイナスにはならない。まだ5試合が残っているし、誰にでも勝てる。

ゴールは奪えなかった。それは残念だ。ただ、惜しいところまでは行ったよ」