気軽にコスプレ楽しんで 大正期の日本家屋スタジオに

©株式会社長崎新聞社

 大正14(1925)年に建てられた築93年の日本家屋を活用し、コスプレ撮影ができる「西小路スタジオ」(長崎県諫早市西小路町)は、県内で珍しい古民家スタジオだ。昨年7月の開設以来、ゲームやアニメのキャラクターに扮(ふん)し、「和」の雰囲気に浸る空間が人気を集めている。運営する河浪静里奈さん(24)=同市=は「地元でコスプレを気軽に楽しめ、人と人との輪を『つなげる』場として知ってほしい」と話す。
 河浪さん自身もコスプレーヤー。友人に誘われて行ったイベントで楽しそうにコスプレしている人を見て興味を持った。「ダンガンロンパ」や「ラブライブ!」などのキャラクターが好きで、メークや衣装制作、イメージに合う撮影場所探しなどを1人でしている。
 コスプレ関係の仕事をしようと昨年春、大学卒業と同時に企画会社「アスタースクエア」を起業。空き家だった家屋をスタジオに借りた。和室やフローリングの計5室、池がある庭園や中庭などがあり、結婚式の事前撮影や個展、ヨガ教室などの利用も可能。スタジオ全体か部屋ごとに時間制で貸し出す(有料)。
 利用者は県内外の幅広い世代にわたり、週末に予約が多い。河浪さんは「教室の隅で本を読むことが好きだった私が、コスプレを通して友人の輪が広がった。興味を持つ人のアシストをしたり、外国人に日本文化を紹介したりしたい」と夢は膨らむ。
 21~30日(正午~午後9時)にイベント「あきまつり」を実施する。来場者はコスプレ参加や衣装を借りることができ、カフェや利き酒が味わえるバー(いずれも有料)もある。問い合わせは(電話090・9609・3766、ホームページhttps://astersquare.wixsite.com/astersquare-studio)。

広い池のある日本庭園をバックに、コスプレを楽しむ河浪さん(本人提供)
歴史を感じさせるびょうぶや窓などを生かし、撮影が楽しめる「西小路スタジオ」=諫早市