立候補予定者説明会に4陣営出席 新潟市長選

新潟市長選の立候補予定者向けの説明会=19日、新潟市役所

 任期満了に伴う新潟市長選(10月14日告示、28日投開票)に向けて、市選挙管理委員会は19日、新潟市役所で立候補予定者説明会を開いた。

 出馬を表明している自民党の吉田孝志前市議(56)と中原八一前参院議員(59)、市議会の旧民進党系会派に所属していた小柳聡前市議(31)、元経済産業省官僚の飯野晋前北区長(45)の4陣営が出席した。

 このほか県内の男性2人が参加したが、1人は「出ない」とし、もう1人も明確な出馬の意向は示さなかった。

 説明会では市選管の鈴木緑事務局長が「4年間の市政の行方を決める市民にとって重要で身近な選挙だ。公職選挙法の規定をご理解いただき、公正な選挙運動をお願いする」とあいさつ。市選管や県警の担当者らが、選挙運動や手続きの注意点などを説明した。

 新潟市の選挙人名簿登録者数は3日現在、67万2432人。

©株式会社新潟日報社

新潟日報モア

新潟日報が提供する県内各地の最新ニュースの他、鉄道特集・イベント観光情報・釣り情報など、新潟の「旬」をあなたにお届けします。

新潟の高校野球ならスポーツモア