滝沢秀明の「決意表明」にジャニーズファンが“失望”した真意

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

滝沢秀明 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所の滝沢秀明が、ジャニー喜多川社長の“後継者”になったと発表された。しかし、ジュニアの育成と舞台のプロデュースといった、今までジャニー社長がやっていたことの後を引き継ぐという内容に、ジャニーズファンが失望しているらしい。

『タッキー&翼』の解散に伴う滝沢の引退と今井翼の退所がファンにショックを与えたのはもちろんだが、それ以上にファンが落胆したのは滝沢の進路だった。

「滝沢の後継者を伝える記事を『週刊文春』がいち早く報道しましたが、ジャニー社長の『後継者』という言葉が独り歩きしたようで、そのときは滝沢が“社長”となって、事務所の経営に関わっていくという風に捉えたファンが多かったのです。だから、『これからジャニーズ事務所も良くなる』『SMAPのような悲劇は今後起きないだろう』『やっと古い体質から脱却できる』というような声がたくさん聞かれました」(芸能関係者)

 

ジュリー副社長体制にファンは不満

一昨年の『SMAP』解散騒動以降、ジャニーズ事務所は藤島ジュリー景子副社長が陣頭指揮を執っているといわれている。

「今の経営体制では、基本的にジュリー副社長が受け持っていた『嵐』ばかりが寵愛されているというのがファンの受け止め方。『嵐』ありきで、他のタレントが干されているという見方をしている人は多く、だからこそ、滝沢がその経営体制を変えてくれると思っていたようですが、発表された内容はそうではありませんでした。経営には関わらないということを表明したときには、希望を持っていた分、失望の声も大きかったようです。それだけ今の体制に不満を持っているファンが多いということでしょう」(同・関係者)

今回、滝沢がジャニー社長の仕事を受け継ぐことになったことで、「分裂の予兆」と見るメディアも少なくないが、「今の段階では特に何も変わらない」(同)というのが現実。果たしてファンの声が届くときは来るのだろうか。