SBKはライダーに気軽に会える世界選手権。各チームのホスピタリティも豪華絢爛

©株式会社サンズ

 ポルトガルのアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェで9月14~16日にかけて行われた、スーパーバイク世界選手権(SBK)第10戦ポルトガルの様子を、現地の写真とともに紹介しよう。SBKは世界選手権ながらMotoGPとは違い、ライダーとファンの距離を近くに感じられるレースだった。

 SBK第10戦が開催されるアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェは、ポルトガル南部に位置するサーキット。丘陵に囲まれた土地のなかに存在し、サーキットのレイアウト自体も元々の地形を生かしたのか、高低差が非常に大きなものになっている。攻略が難しいと評するライダーも多い、一筋縄ではいかないサーキットだ。

 SBKポルトガルが行われていた間、アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ周辺の気候は終始晴れ。湿度は少なく、気温もだいたい30度前後で、日本でいえば初夏のような陽気が続いた。日差しは強いが湿度がさほどないため、暑さは感じるものの不快度は高くはない。

アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェのロゴ
メインストレート
メインストレートから1コーナー(手前側)が下っているのがわかる
1コーナーは下った後、さらに少し上りのコーナーになっている
見渡してみると、かなりの高低差があるコースであることがわかる
メインスタンド入り口。バイクの来場者も多い。アドベンチャーモデルのバイクが多かった

 アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェのパドック内でまず目を引くのは、各チームのトレーラー。SBKから、併催のスーパースポーツ世界選手権(WSS)、スーパースポーツ世界選手権300、スーパーストック1000などのチームのトレーラーがずらりと並ぶ様は、まさに壮観。

手前から奥までトレーラーがぎっしり。一番手前がカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK

 このトレーラーの前に、各チームのホスピタリティが並んでいる。こちらも豪華絢爛。ライダーやスタッフ、ゲストたちはこのホスピタリティで食事をとったり、休憩したりする。ゲストと見られる人々が、昼間からアルコールを楽しむ姿もあった。

カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKのホスピタリティ
カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKのホスピタリティには先日オートポリスでお披露目されたカワサキZX-10Rの展示もあった
チームによってホスピタリティのスタイルは様々。こちらはパタ・ヤマハ・オフィシャル・ワールドSBKチーム
こちらはMOTULのホスピタリティ。かなり規模が大きめ

 セッションが始まる前日の木曜日には、トップライダーたちも当たり前のようにパドック内を歩いている。セッションがない日とあって、ライダーたちもリラックスモード。

プロモーションの撮影か、打ち合わせをするジョナサン・レイ
チャズ・デイビスもリラックスモード
PJことパトリック・ジェイコブセンは終日スタッフと雑談していた

 ライダーやスタッフのパドック内の移動に使われるバイクには、電動バイクが多く見られた。

カワサキの移動用電動バイク。当然ながら静かなので、パドックを歩くときは後方注意
こちらはドゥカティの電動バイク

 パドック側はメインスタンド側よりもイベントやブースが充実しており、ファンの多くがパドックでのコンテンツを楽しんでいた。メインステージでは大型画面を見ながらライブでのセッション実況中継や、ライダートークショーが行われる。

 ライダートークショーが終わると、トップライダーも当たり前のようにバイクや自転車でファンの間をすり抜けて自分のピットに戻っていく。途中、ライダーたちがファンにサインや写真撮影をねだられるシーンもあったが、自然なことのように気さくに応じていた。SBKは「世界を走るライダーに気軽に会える」のが魅力のひとつになっているようだった。

パドック内に設けられたステージ。ここで終日、様々なイベントが開催されていた
セッション中にはステージ上で、実況生中継
ライダートークショーも開催される
パドック側では各種販売ブースが並んでいた
二日酔いの薬をPRしていたガールふたり。パドックでお酒を飲んでいるファンが多かったので、アピール効果は抜群?

 SBKポルトガルではパルクフェルメがパドック内に設置されている。レース後にはトップ3に入ったライダーはファンの間をぬってパルクフェルメに向かい、大勢のファンに迎えられながらパルクフェルメでのインタビューを受け、表彰台に上がる。サーキットが一体となり、最高に盛り上がる瞬間だ。レース後のライダーをファンが迎え、ライダーとともに高揚感を感じることができる。

向かって左側が表彰台で、人混みの中心がパルクフェルメ。レースのトップ3ライダーは大勢のファンに迎えられる
パルクフェルメに、ライダーはファンの花道を通って向かう

 SBKポルトガルでは、土曜日と日曜日にそれぞれピットウォークが行われた。ここでもライダーたちはとてもフレンドリーにサインや写真撮影に応じていた。

今季限りでカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKを離れるトム・サイクスは大人気
アレックス・ロウズもファンサービス
写真をねだられるマイケル・ファン・デル・マーク
レースに華を添えるレースクイーンの姿も

 今回のSBKを盛り上げた要因のひとつが、Moto2クラス参戦中であり、2019年からMotoGPクラスへの昇格が決まっているポルトガル人ライダー、ミゲール・オリベイラの来場。オリベイラは後進の育成を目的に、自身でレースチームMiguel Oliveira Racing Teamを立ち上げ、今大会ではWSS 300にチームをエントリーさせていた。

 オリベイラはインタビューからステージでのトークショー、さらにSBKの決勝レース前にはデモランを行うなど、大忙し。デモランでアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェを走行するオリベイラにファンは大いに盛り上がり、ポルトガルでのオリベイラの人気の高さを感じさせた。

自身も現役Moto2ライダーながら、後進の育成のためにチームを立ち上げたオリベイラの注目度は高かった
Miguel Oliveira Racing Teamのトレーラー
サーキット内のショップにはオリベイラグッズが販売されていた

 今大会では元ロードレース世界選手権ライダー、ノビーこと上田昇氏も自身のチームであるH43 Team NOBBY DENSONをWSSにスポット参戦させていた。

ノビーの愛称で親しまれる上田昇氏もポルトガルに姿を見せた

 こちらはワイルドカードとしてWSSに参戦した日本人ライダー、2017年ピレリカップ600チャレンジシリーズチャンピオンである長尾健吾と、今季イタリアラウンド限りでWSSから引退したケナン・ソフォーグル。長尾は今回、ソフォーグルが所属していたカワサキ・プセッティ・レーシングから参戦した。

ソフォーグル(左)と長尾(右)。長尾はソフォーグルからポルティマオ攻略のアドバイスをもらったとか

 カワサキ・プセッティ・レーシングからWSSにフル参戦中の日本人ライダー、大久保光。WSS参戦3年目の大久保はパドックで顔も広く、随所で様々なチームスタッフたちとも雑談を交わしていた。

WSSにフル参戦する唯一の日本人ライダー、大久保

ちなみに、ポルトガルで有名な料理はカタプラーナ。トマトソースにエビやカニなどの魚介がたっぷり入りダシが染みていて、絶品だ。ポルトガル料理は日本人でも違和感なく食べることができると感じたので、ぜひ機会があれば試してみてほしい。

中央の丸い鍋の料理がカタプラーナ。締めにごはんを入れてリゾットにすると、これまた美味しい

 市販車をベースにしたロードレースとして最高峰のSBKは、MotoGPとはまた違った楽しみ方ができるレースだった。レースはもちろん、イベントやライダーとの交流を気軽に堪能できる世界選手権と言えそうだ。