大阪地裁、フラダンス著作権認定

教室側に上演禁じる

©一般社団法人共同通信社

判決を前に、フラダンスを実演する原告のカプ・キニマカ・アルクイーザさん=20日、大阪市の司法記者クラブ

 ハワイに住むフラダンスの指導者が、自ら創作した振り付けを許可なく使われ著作権を侵害されているとして、フラダンス教室の運営団体に、講師や会員による上演差し止めや計約650万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(高松宏之裁判長)は20日、著作権侵害を認め、会員への指導や国内施設での上演禁止と、約43万円の支払いを命じた。

 原告側弁護士によると、フラダンスの著作権を認めた判決は海外でも例がなく珍しいという。

 原告はフラダンス伝承者として認められた指導者を意味する「クムフラ」の一人。訴えられたのは中国、九州地方で教室を開いている熊本市の団体。