世界ハンド、応援するモン 熊本市の江津湖公園にくまモン地上絵

©株式会社熊本日日新聞社

水前寺江津湖公園の芝生の上にお目見えした巨大なくまモンの地上絵=熊本市東区

 県内で来年開かれる女子ハンドボール世界選手権をPRするくまモンの地上絵が、熊本市東区の水前寺江津湖公園広木地区にお目見えした。22日と23日に現地で開かれる「江津湖みなも祭り」では、高所作業車から見ることができる。

 縦23メートル、横45メートルの地上絵は、同公園を管理している市造園建設業協会(吉村昌洋会長)が作った。くまモンの顔やボールは草丈に変化をつけて濃淡を表現。19日にはくまモン自ら高さ12メートルの高所作業車に乗り、出来栄えを確認していた。

 高所作業車に乗車できるのは午前10時~午後4時。4歳~小学3年生は保護者の同伴が必要で1組500円。小学4年生以上は1人300円。祭りではこのほか、江津湖水上クルーズやステージイベント、食事や雑貨の販売などがある。

 同公園サービスセンターTEL096(360)2620。(林田貴広)