サントリー、PB参画否定

ビール大手で対応分かれる

 流通業者から製造を請け負う「プライベートブランド(PB)」戦略で、ビール大手各社の戦略が分かれている。キリンビールとサッポロビールが積極的に手掛ける中、サントリービールの山田賢治社長は21日、共同通信社のインタビューに対し「今後、PBに参画することはあり得ない」と表明した。

 サントリーは、セブン&アイ・ホールディングスなどと共同で開発し、両社のロゴを冠する製品は展開するが、自社のロゴが表示されないPB製品は扱っていない。山田氏はPBではなく自社ブランドにこだわる理由を「もの作りの思想や哲学を反映できる度合いで考えても全く違う」と説明した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る