日本ハム石井裕也投手が現役引退

難聴乗り越え活躍

日本ハムの石井裕也投手

 日本ハムの石井裕也投手(37)が22日、今季限りで引退すると表明した。今季は1軍での登板がなく「14年間、プロ野球選手として続けて来られたことにとても感謝しています」と球団を通じてコメントした。

 横浜商工高から三菱重工横浜クラブを経て2005年に中日に入団。08年6月に小池正晃外野手とのトレードで横浜(現DeNA)に移り、10年4月に江尻慎太郎投手とのトレードで日本ハムに移籍した。先天性の難聴を乗り越え、救援左腕として活躍。通算成績は329試合に登板し、19勝19敗6セーブ、防御率は3.06だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る