<高校野球>正智深谷、市川越に競り勝つ 川越西、浦和実など2回戦へ 23日、徳栄と浦学が登場

©株式会社埼玉新聞社

 (22日・県営大宮ほか)

 38校が出場して開幕。1回戦6試合を行い、正智深谷が昨年準優勝の市川越に2―0で競り勝った。1年生エース右腕の北田が5安打完封。川越西は3番陸野の4打点の活躍などで与野に6―3で快勝した。

 浦和実は延長十二回の末、慶応志木に6―5とサヨナラ勝ちした。昨年4強の上尾は7―1と栄東を寄せ付けず。松山はエース左腕吉田が本庄第一を完封し、6―0で快勝。越ケ谷は川越初雁との接戦を4―1で制した。

 23日は4球場で2回戦8試合を実施し、ともにAシードの花咲徳栄と浦和学院が登場する。

■23日の試合

 【県営大宮】 ▽2回戦 花咲徳栄―宮代(10時) 白岡―浦和学院(12時30分)

【市営大宮】 ▽2回戦 細田学園―埼玉栄(10時) 狭山清陵―春日部共栄(12時30分)

【上尾市民】 ▽2回戦 聖望学園―西武台(10時) 川越―立教新座(12時30分)

【越谷市民】 ▽2回戦 越谷東―浦和(10時) 山村学園―叡明(12時30分)

市川越―正智深谷 市川越打線を散発5安打に抑え完封した正智深谷のエース北田
与野―川越西 5回表川越西1死一、二塁、陸野が中越えに2点二塁打を放つ