トラブル?ケンカ?『出禁』をテレビ局から食らった芸能人たち

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

テレビの収録中などに大問題を起こすと、その芸能人はテレビ局から“出禁”を食らうといわれている。

有名なのは、ロックバンド『氣志團』の綾小路翔。彼が『DJ OZMA』として2006年の『NHK紅白歌合戦』に出演した際、裸に見える衣装を着用したことで批判が殺到してしまった。

すると07年1月に、当時のNHK橋本元一会長が定例記者会見で、「(綾小路を)現場で使いにくい状況だと思う」と事実上の出禁宣言。これに綾小路はブログで、「NHKにも実は頭にきてたけど、なんかもういいかな~って気もしてきちゃったし。定例会見のことも聞いたけど、ちょっと残念だったね」で苦言を呈し、NHKとの仲はほとんど修復不可能に。

それから約10年後、16年4月放送のNHK番組『ひるブラ』で、綾小路をデザインした草加せんべいが紹介された。意外な形で再びNHKに登場した綾小路だが、このときツイッターに「この番組を制作した方々が上層部に怒られていないか、それだけが心配な私です」と投稿している。

 

3局出禁になった明石家さんま

お笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』内村光良のテレビ朝日出禁も有名だ。彼は同局の冠番組『内村プロデュース』で共演した既婚の女子アナ、徳永有美と不倫してそのまま略奪婚。当時の徳永の夫が局の社員だったこともあり、出禁は番組が終了した05年以降、今もその状態が続いている。実際、内村はNHK、日本テレビ、フジテレビ、TBS、テレビ東京でレギュラー番組を持ったが、テレビ朝日だけ持っていない。

出禁といえば、明石家さんまがナンバーワンかもしれない。さんまは何と、NHK、テレビ朝日、テレビ東京の3局も出禁になっていたという。

いずれも番組スタッフとの軋轢やトラブルが原因だったようだが、テレビ朝日には09年放送の『アメトーーク!』に14年ぶり、NHKには13年放送の日本テレビとNHKよる共同番組『NHK×日テレ 60番勝負』に28年ぶり、テレビ東京に至っては1984年に番組を打ち切られて以降出演しなくなり、今年7月放送の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』に34年ぶりで出演を果たしたばかり。

さんまの例を考えると、内村も綾小路も“出禁局”にそのうち大々的に出演するかもしれない。

 

Follow

まいじつ

on

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

Curated by

福井新聞

福井新聞