車4台絡む事故で4人死亡 つがる市の国道

 22日午前1時5分ごろ、青森県つがる市森田町下相野亀山の国道101号で、乗用車4台が絡む衝突事故があり、男女4人が死亡、男性4人が重軽傷を負った。つがる署は、4台の進行方向や誰が運転していたかなどを含め、事故原因を調べている。

 同署によると、事故発生直後に現場を通り掛かったドライバーから「事故を見かけた」と110番通報があった。現場では軽乗用車が横転、さらにもう1台の軽乗用車が路外の田んぼに逸脱。別の乗用車と軽乗用車も事故を起こしており、4台に乗っていた8人全員が五所川原市、鯵ケ沢町、弘前市の病院に搬送された。

 死亡したのは横転した車の鯵ケ沢町舞戸町鳴戸、職業不詳廣船淳さん(43)と、同乗していた淳さんの妻の職業不詳愛莉さん(30)、田んぼに落ちた車の五所川原市稲実開野、運転代行運転手山田春治さん(63)と、同乗していたつがる市森田町森田月見野、飲食店従業員山田久美子さん(46)。2人の山田さんは親類ではなく、久美子さんが所有する車の運転を春治さんが代行していた。

 廣船淳さんは頭部外傷など、山田春治さんは多発性骨折による失血、山田久美子さんは胸部外傷などにより、それぞれ22日午前4時10分までに死亡が確認された。廣船愛莉さんは同日午後1時44分に出血性ショックで死亡が確認された。

 現場は片側1車線の直線道路で、事故当時は雨が降っていた。

 事故の影響で国道101号の現場周辺は同日午前2時から同9時半まで通行止めとなった。

 つがる署は23日午前に実況見分を行う予定。

 重軽傷者は次の通り。

 ◇重傷▽団体職員男性(32)=つがる市森田町▽農業男性(32)=同市森田町

 ◇軽傷▽無職男性(33)=つがる市森田町▽運転代行運転手男性(58)=五所川原市鎌谷町

乗用車4台が衝突し男女4人が死亡した事故現場=22日午前4時ごろ、つがる市森田町(画像を一部加工しています)

©株式会社東奥日報社

Curated by

福井新聞

福井新聞