【MLB】今度は「チェンジアップ」!? 驚愕投球のスーパー修道女が2度目の始球式登板

2度目の始球式を行ったシスター・メアリー・ジョーさん【写真:Getty Images】

2回連続ノーバウンドとはいかなかったけど「神のご加護があった」

“驚異のシスター”が再びマウンドに立った。22日(日本時間23日)のホワイトソックス-カブスの「ウィンディ・シティ・シリーズ」の始球式に、8月18日のホワイトソックス-ロイヤルズ戦でノーバウンドのストライク投球を披露し、スーパー修道女として全米の話題を呼んだシスター・メアリー・ジョーさんが再登場した。

 地元のマリアン・カソリック高校のシスターであるメアリーさんは、前回と同じく、右腕にボールをコロコロと転がすと、腕をピュッと伸ばして二の腕で弾くパフォーマンス。そしてボールをつかむと投球動作に入り、右腕から放たれたボールはホームプレート手前でワンバウンドしたものの、またしたも切れ味のある1球だった。

 2試合連続でノーバウンド投球とはいかなかったが、MLB公式動画サイトの「Cut4」は、「大丈夫だよ、シスター。あなたの始球式は今も誰にも負けないものさ」というコメントとともにインスタグラムとツイッターに動画を投稿。すると、ファンからは

「素晴らしい」

「この投球には神のご加護があった」

「史上最高」

「彼女はチェンジアップを投げている」

「すごい変化」

「なんという直球だ、シスター! 今夜も良い投球だった!」

といった賛辞があふれた。中には、

「正直、ソニー・グレイよりも良い」

「50セント(始球式で史上最悪と言われる大暴投をしたヒップホップミュージシャン)より彼女に投げてほしい」

といった声まであがった。

 シスター・メアリーは、最後にマウンドにひざまずいて両腕を天に突き上げるパフォーマンス。ホワイトソックスの本拠地、ギャランティード・レート・フィールドは大歓声に包まれた。(Full-Count編集部)

©株式会社Creative2