改正、実現10年前に検討

旧優生保護法、「人道的に問題」

厚生労働省

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、旧厚生省が86年の時点で「人道的に問題」として法改正を検討し、88年には強制手術を廃止する「試論」も作成していたことが23日、厚生労働省が公表した資料で分かった。差別的条項を削除した法改正は96年。その10年前から所管の旧厚生省内で法の見直しが提案されていたのに、すぐには改正が実現せず、その後も不妊手術が行われていた。

 公表された資料の一つは「優生保護法の改正について」と題するもの。86年10月に当時の精神保健課の職員が作成し、表紙には「取り扱い注意」と書かれていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る