ロペス3発&筒香2発&宮崎9安打、DeNA打線が好調…18年第25週セ投打5傑

©株式会社Creative2

DeNA・ロペス【写真:荒川祐史】

3位争いは巨人、阪神、中日が足踏み

 セ・リーグは試合消化が遅れているが、先週も雨天中止が続いた。

【セ・リーグNPB第25週(9/17-9/23)】

1DeNA(5試合4勝1敗0分、勝率.800)
2ヤクルト(3試合2勝1敗0分、勝率.667)
3広島(4試合2勝2敗0分、勝率.500)
3巨人(4試合2勝2敗0分、勝率.500)
5阪神(6試合2勝4敗0分、勝率.333)
6中日(4試合1勝3敗0分、勝率.250)

 熾烈な3位争いのただなかにいるDeNAが4勝1敗と好調。ライバルの巨人、阪神、中日は足踏みをした。

【打者5傑】

○安打
1宮崎敏郎(De)9
2大山悠輔(神)8
2梅野隆太郎(神)8
2ナバーロ(神)8
5糸原健斗(神)7
5中谷将大(神)7
5ロペス(De)7
5アルモンテ(中)7

○本塁打
1ロペス(De)3
2ソト(De)2
2筒香嘉智(De)2
2西浦直亨(ヤ)2
 1本塁打15人

○打点
1筒香嘉智(De)6
2陽川尚将(神)5
2中谷将大(神)5
2梅野隆太郎(神)5
2ソト(De)5
2ロペス(De)5
2西浦直亨(ヤ)5

○盗塁
1田中広輔(広)2
 1盗塁10人

○打率(規定打席以上)
1宮崎敏郎(De).500
2アルモンテ(中).467
3田中広輔(広).462
4雄平(ヤ).455
5野間峻祥(広).429

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1宮崎敏郎(De)6.80
2ロペス(De)5.49
3ソト(De)5.32
4糸井嘉男(神)5.10
5野間峻祥(広)5.02

 DeNA勢が元気。ロペスが3本塁打5打点、筒香が2本塁打6打点、宮崎は9安打、打率5割と好調だ。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1ガルシア(中)1
1菅野智之(巨)1
1京山将弥(De)1
1東克樹(De)1
1平良拳太郎(De)1
1藤浪晋太郎(神)1
1原樹理(ヤ)1
1才木浩人(神)1
1大下佑馬(ヤ)1
1中崎翔太(広)1
1エスコバー(De)1
1畠世周(巨)1
1一岡竜司(広)1

○セーブ
1ロドリゲス(中)1
1ドリス(神)1
1石山泰稚(ヤ)1
1山崎康晃(De)1
1山口俊(巨)1

○ホールド
1能見篤史(神)2
1桑原謙太朗(神)2
1今永昇太(De)2
 1ホールド11人

○奪三振
1ガルシア(中)9
1菅野智之(巨)9
1藤浪晋太郎(神)9
4青柳晃洋(神)8
5大瀬良大地(広)7
5伊藤和雄(神)7

○防御率(規定投球回数以上)
1石田健大(De)0.00
1菅野智之(巨)0.00
1今村信貴(巨)0.00
1原樹理(ヤ)0.00
1京山将弥(De)1.04

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1菅野智之(巨)31.0
2ガルシア(中)21.2
3京山将弥(De)20.8
4大瀬良大地(広)18.5
4東克樹(De)18.5

 リーグ防御率は3.44。先発では巨人の菅野が9回完封勝利。中日のガルシアは2試合に先発して14回で自責点3の好投。DeNA京山は加賀繁の引退試合で、1回1死からマウンドを引き継ぎ自責点1で完了した。(広尾晃 / Koh Hiroo)