清水氏がスケート連盟新理事に

橋本聖子会長は7期目へ

清水宏保氏

 日本スケート連盟は24日、東京都内で開いた評議員会で役員を改選し、スピードスケート男子で1998年長野冬季五輪金メダリストの清水宏保氏(44)を新理事に選出した。任期は2年。

 清水氏は「選手が現役をやめた後も活躍できる場をつくっていきたい。いろんな視点を持った方策を考えていきたい」と意気込みを語った。

 橋本聖子参院議員(53)は理事に再選された。役職は10月5日の理事会で互選によって決まり、橋本会長が7期目に入る見通し。

 単年度で約3億9500万円の黒字となる2017年度決算を承認した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

福井新聞

福井新聞