中上、MotoGPアラゴンGPではフロントに問題発生。「トップ10圏内フィニッシュのチャンスがあった」

©株式会社サンズ

 MotoGP第14戦アラゴンGPで、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は12位フィニッシュ。今季自己ベストタイとなる順位でのゴールとなった。しかし、中上にとってはトップ10もねらえたレースだっただけに、その内容には満足していない。

 アラゴンで迎えた週末を、中上は順調に進めていた。予選ではQ1で2番手タイムをマークしてQ2進出を果たし、そのQ2ではライダーたちが自身の後ろに付かれることを嫌がってけん制し合うコース状況に渾身のアタックとはいかなかったようだが、中上は12番グリッドを獲得した。

 決勝ではマーべリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ・MotoGP)が予選時のスロー走行について3グリッド降格のペナルティを受けたため、中上のグリッドが11番手に繰り上がった。トップ10圏内でのフィニッシュも目の前という位置からレースをスタートする。

「スタートを上手く決め、1コーナーはタイトでみんなが密集するのですが、いいスペースをみつけて8番手か9番手あたりにつけることができました。その後、アレイシ(・エスパルガロ)とバトルになったのですが、ギヤでミスをしてしまい、コーナーの立ち上がり加速で多くの選手に抜かれてしまいました」

 それでも序盤はうまく走ることができたという中上。しかし、10周をすぎたあたりからはフロント、特に左コーナーでのブレーキングに問題を抱えながらのレースとなった。ペースの上がらない中上は、11番手から13番手の間でポジションを争うことになる。

「最後はヨハン(・ザルコ)やブラッドリー(・スミス)、フランコ(・モルビデリ)たちとのバトルになり、12位でゴールしました。シーズンの自己ベストタイ記録だと思いますが、今日はトップ10圏内でフィニッシュするチャンスがあったので、あまりうれしいという気持ちにはなれません」

 第4戦スペインGP以来の12位フィニッシュも、さらに上位をねらっていた中上にとっては満足のいくレースではなかった。

 それでも万全の状況ではないなか、ポイント圏内でフィニッシュを果たした。そのポテンシャルはまだまだあるということだ。次戦タイGPから始まるフライアウェイのレース、そして母国グランプリである日本GPではさらなる上位を争う中上の活躍に期待が高まる。

11番グリッドからスタートした中上。12位フィニッシュには悔しさを表す