「オオタニの全て」が10傑入り MLB公式選出「今季最もアスレチックなプレー」

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

強打ハーパーや剛腕ヒックスに並んでランクイン

 今季も数々の名プレーがメジャーを華々しく彩った。MLB公式サイトでは「今季球界で最もアスレチックな10のプレー」と題した特集を展開。その中でハーパーの豪快弾、ヒックスの剛速球らとあわせ、「オオタニが為すこと全て」が10傑入りを果たした。

 レッズ中堅ビリー・ハミルトンが守備で見せる超人的なジャンプ、日米野球で来日が決定しているクリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)の史上4人目となるシーズン2度のサイクル達成、ブライス・ハーパー(ナショナルズ)が球宴本塁打競争で見せた豪快な打撃、ジョーダン・ヒックス(カージナルス)が投げる時速100マイル(約161キロ)の剛速球などなど。今季メジャーを代表する数々の“アスレチックなプレー”に加えて紹介されたのが、なんと「ショウヘイ・オオタニが為すこと全て」だった。

 寸評では、大谷の投打二刀流の活躍を紹介。投手としては「速球とスライダーを駆使し、メジャー10登板でエース級のピッチング」、打者としては「ナ・リーグ新人王候補ソトと同数の本塁打数を誇る上に、右肘靱帯故障が発表された日に2本塁打を打った」とし、「オオタニをどうやって分類すればよいだろうか?」と疑問を投げかけている。この大活躍を踏まえ、「オオタニが未来からの使者だとしても不思議はない」とまで言った。

 開幕前に多く聞かれた懐疑的な声を一蹴した大谷の桁外れの身体能力に、現地のメディアも驚きを隠せないようだった。(Full-Count編集部)