【ボクシング】三階級王者・田中恒成「フライ級最強を目指す」

©株式会社ヨシクラデザイン

 

撃ち合いの中、クロスカウンターが交差する

 日本や中華圏、そして世界中のボクシングフリークが注目した激闘をそう振り返ったのは新王者の田中だった。リング上でのインタビューでは、開催地が自身のホームタウンであることを自覚するように、退場する木村への拍手を客席にリクエストした。

 田中は「木村選手と戦えては本当に光栄だった。向こうにとってここは敵地である上に、前回の試合(7月27日 木村vsフローイラン戦)から調整期間が少なかったことを踏まえて欲しい」と謙遜もした。
 弱気になったら負けだと思っていたと振り返る新3階級王者。

 控え室では「プラン通りといえばプラン通りだったけど、チャンピオンは気持ちもパンチも強かったので、しんどい試合だった。あれだけ打ち合ったのは、気持ちと気持ちがぶつかりあって触発し合ったから」と語った。今後はすぐに4階級に手を伸ばすのではなく、フライ級で最強を目指していきたいと話した。