アストロズが先行逃げ切り 地区連覇へマジック「2」

©MLB Advanced Media, LP.

【アストロズ5-3ブルージェイズ】@ロジャース・センター

ア・リーグ西部地区首位のアストロズは、ブルージェイズ先発のマルコ・エストラーダを攻略して3回までに4点を先行。その後、1点差まで追い上げられたものの、9回表に1点を追加し、5対3で逃げ切った。この勝利により、2年連続となる地区優勝に向けてのマジックナンバーは「2」に(2位アスレチックスは試合中)。早ければ明日にも2年連続の地区優勝が決定する。

アストロズは初回にユリ・グリエルのタイムリーで先制し、2回表にはブライアン・マッキャン(6号ソロ)とジョシュ・レディック(16号ソロ)の2者連続本塁打で2点を追加。3回表にはアレックス・ブレグマンのタイムリー二塁打でリードを4点に広げ、試合の主導権を握った。先発のダラス・カイケルが4回裏にケビン・ピラーの15号2ランで2点、5回裏にヤンハービス・ソラーテのタイムリーで1点を失ったものの、細かな継投でブルージェイズの反撃を凌ぎ、9回表にはホゼ・アルトゥーベがダメ押しタイムリー。最終回はクローザーのロベルト・オスーナが締めくくった。5回3失点のカイケルは今季12勝目(11敗)をマーク。9月は17勝4敗の快進撃で、球団史上3度目となるシーズン100勝に王手をかけた。