ジョージ・ハリスンも参加したジョン・レノン「How Do You Sleep?」未公開音源が初公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

未発表だったジョン・レノンの「How Do You Sleep?」の“ロウ・スタジオ・ミックス” 音源が初公開された。リバーブやエコーなどのエフェクトは一切使われていない、レコーディング時のそのまま音源は、聴く者をアルバム『Imagine』をレコーディング中のスタジオへと引き込んでくれるかのようだ。

10月5日にリリース予定の究極の6枚組ボックスセット『Imagine: The Ultimate Collection』に収録されるこの“ロウ・スタジオ・ミックス” はイギリスのアスコットにあるティッテンハースト・パークで行われたレコーディング・セッションの濃密な空気感を捉えている。このセッションに参加したのは、ジョン・レノンの青いフェンダーストラトでエレクトリック スライドを演奏するジョージ・ハリスン、12弦アコースティック・ギターのロッド・リントンとウィッシュボーン・アッシュのテッド・ターナー、 手書きでペイントされたフェンダー・プレシジョンベースを演奏するジョン・レノンとジョージ・ハリスンの旧友クラウス・フォアマン、ドラムのアラン・ホワイト、スタインウェイのアップライトピアノを演奏するルネッサンスのジョン・トゥアウト、そして ウーリッツァーの赤いエレクトリック・ピアノで即興を披露するザ・ローリング・ストーンズの『メイン・ストリートのならず者(原題:Exile On Main St)』のレコーディングへ旅立つ数日前のニッキー・ホプキンスだった。このアウトテイクを聴いていると、まるでレコーディング・スタジオの中に彼らと一緒にいるかのような感覚になる。

uDiscoverで以前にお伝えした通り、『Imagine: The Ultimate Collection』は4枚のCDと2枚のブルーレイ・ディスク(Audio)で構成されており、今作によって初めて、ジョン・レノンとプラスティック・オノ・バンドとのパフォーマンスを、ありのままの音で聴くことができる“ロウ・スタジオ・ミックス” 、5.1サラウンド・ミックス、そしてアップデートされた4チャンネル・ミックスと、新たな次元で音の奥行きをリスニング体験できる究極のコレクションになっている。

Written by Tim Peacock