季節の進み遅れる 東日本以西で高温傾向 気象庁3か月予報

©株式会社ウェザーマップ

25日気象庁発表3か月予報 (10~12月の平均気温と降水量) 出典=気象庁HP

 気象庁は25日、10~12月までの3か月予報を発表した。全国的に暖かい空気に覆われやすいため、向こう3か月の気温は東・西日本と沖縄・奄美では高く、北日本でも平年並みか高い見込み。また、東日本太平洋側と西日本は低気圧や前線の影響を受けやすく、向こう3か月の降水量は平年並みか多くなりそうだ。

25日気象庁発表3か月予報 (10月の平均気温と降水量) 出典=気象庁HP

10月の天候予想

 秋の周期変化が見込まれ、北日本太平洋側や西日本、沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多い。気温は全国的に、平年並みか高い見通し。

25日気象庁発表3か月予報 (11月の平均気温と降水量) 出典=気象庁HP

11月の天候予想

 西日本日本海側は低気圧や前線の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多い見込み。東・西日本太平洋側は低気圧や前線の影響を受けやすく、平年に比べて晴れの日が少ない見通し。気温は北日本で高温傾向で、東・西日本と沖縄・奄美は高温。

25日気象庁発表3か月予報 (12月の平均気温と降水量) 出典=気象庁HP

12月の天候予想

 東日本以西では寒気の影響を受けにくく、冬型の気圧配置は平年より弱いと見込まれる。このため、東日本日本海側は、平年に比べて曇りや雨または雪の日が少ない予想となっている。