就活、経団連が決めるのおかしい

来月にも指針廃止

©一般社団法人共同通信社

記者会見する経団連の中西宏明会長=25日、東京都千代田区

 経団連の中西宏明会長は25日の定例記者会見で、採用面接などの解禁日を定めた就職活動ルールに関して「経団連が決めるのはおかしい」と改めて主張した。経団連は来月9日の会長・副会長会議で現行ルールを規定した指針を廃止する方針。新たなルールづくりは政府が主導する大学側や経済界との会議にゆだねられることになる。

 中西氏は自身の問題提起が「教育そのものを考える機運につながった」と指摘。政府主導の会議では、会社説明会や面接の解禁日など日程だけを議論するのではなく、世界に通用する人材教育と、それを後押しするための採用の在り方についてきちんと議論することに期待を寄せた。